気化式冷風機導入

2020/06/23 ブログ

コロナ禍の中でも夏はやってきます。

毎年倉庫の暑さには悩まされていました。

扇風機は活用していますが、風を強くすると伝票などが飛んでしまい不便です。

エアコンを入れるにもカーテンの設置などで障害が多いです。

過去にはスポットクーラーも購入しましたが、音がうるさいです。

スポットクーラーを止めると静かになって涼しさを感じてしまうくらい笑

 

そこで今年決めたのは冷風機の導入です。

冷媒を使わず水を使用する気化式で外気マイナス5℃となります。

冷媒を使わないことで効果に不安があったのですがとりあえず導入。

静岡製機さんのRKF406という冷風機を用意しました。

 

さて結果は…

 

涼しい笑

 

冷媒を使った冷えよりも爽やかな冷えです。

冷媒式よりも温度が高くてもこちらの方が気持ちが良いです。

 

風の冷たさ以外にも良い点があります。

この機種は冷風範囲が広いため本体を作業スペースから離すことが出来ます

その結果、騒音はほとんど気になりません。

排熱は無いのでしょうか、そもそも全然感じることがありません。

また、本体が遠いと風量が気になりますが、扇風機よりも少ない風量で十分冷えた風が長距離届きます。

そのため扇風機よりも伝票や送り状が飛びません。

あとは給水が異常に楽。

 

このRKF406、実はレンタルしました。

性能や効果が分からなかったことと、夏が終わると置くところに困るからです。

あとはレンタルですとフィルターの維持やメンテナンス等が不要になりますね。

効果あり、夏が終わったら返却できる、最高の選択が出来たと思っていますlaugh